自衛隊 退職

【自衛隊を辞めれた理由16選】|前向きな言い換えも紹介-人手不足は嘘?

【嘘と建前が鍵】自衛隊を辞めるための理由16選|前向きな言い換えも紹介

自衛隊を辞めたいと考えているけど「退職理由」をうまく伝えることができない。

どのような言い回しで理由を伝えるべきか不安。

仕事を辞めるときに必ず聞かれるのが、「退職理由」。

どのように理由を伝えるべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

退職理由は、「人間関係」「給与等の待遇面の不満」「体調不良」「結婚」など人によってさまざまですが、伝え方次第で印象が異なり、円満に退職手続きを進めることができるかどうかに大きく関わります。

また、自衛隊を退職する時の退職理由はどうしても、ネガティブになりやすく、退職を受け入れる側も、ただ自己中に辛いから辞めたいんじゃないの?と受け入れ辛くなってしまいます。

この記事の結論
  • 一番説得力のある転職理由は、『やりたいことがあって次の転職先が決まったので退職したい』!
  • 自衛隊を退職する時の退職理由はどうしても、
    ネガティブになりやすいので前向きな退職理由に置き換えるのがポイント

例)部隊の人との人間関係に悩んでいる。人間として受け付けない人がいるから辞めたい

意見をお互いに言い合って、コミニケーションをとって成長しあえる職場で働きたい

自分のライフスタイルにあった環境の職場で働きたい(建前)

  • 退職代行サービスを利用するのも一つの選択

そこで、今回は自衛隊を穏便に退職するための、退職理由について詳しく解説していきます。

この記事の筆者

任期期間中に、自衛官/施設科から一般企業に就職した経験をもとに、この記事を書いています。

プロフィールはこちら

↓思ってた記事と違うそんな時↓

充填率からわかる!自衛隊の人手不足は嘘なのか?

防衛省の公式サイトでは、陸、海、空のそれぞれの充填率が発表されています。

数字から見ると90%以上と、概ね足りているといえます。

区分陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊統合幕僚監部等合計
定員150,77745,35646,9234,098247,154
現員138,06042,85042,8283,704227,442
充足率(%)91.694.591.390.492.0
出典;自衛官の定員及び現員並びに自衛官の定数と現員数の推移

その一方で、自衛官候補生の合格率を見ると30%を下回り採用基準は下げていないということが以下のデータから分かると思います。

データから読み取れること
  • 充填率が9割以上と、ある程度必要な人材は確保できている
  • メインの人員採用である自衛官候補生の合格率は30%を満たず、人員リソースの積極的採用は行っていない

よって、人手不足は自衛隊内ではあまり深刻な問題として扱われていないということが読み取れると思います。

あくまでに2つの指標を元に私は人手不足ではないと判断しましたが、いろいろな意見があると思いますので参考程度に聞き流して下さい。

たとえあなたの上司に「自衛隊を辞めたい」と伝えた結果「人手不足だから辞めるな!」と言われたところで、自衛隊内の責任であり あなたには全く関係がありません。

確かに部隊を辞めたら人員が一人減り カバーする必要がありますが、代わりはたくさんいます。

もし、人手不足という問題で自衛隊を辞めるか迷っていたら、全く気にせずに次のステージに進みましょう!

あなたの人生ですから!

自衛隊を辞めたいのに辞めれない|そんな時は退職代行という選択肢

自衛隊を辞めたいのに辞めれない|そんな時は退職代行という選択肢

退職したいと思っているのに、なかなか受け入れてくれない。

そんなときは退職代行サービスに依頼して退職するという選択肢もございます。

退職代行サービスとは、『退職交渉の代行』『退職における手続きの代行』この2つをメインに行ってくれます・

本来、退職となると3ヶ月以上かかりますが 、退職代行サービスを使うと自衛官でも最短2日で退職することができます。

自衛隊は特別国家公務員のため、数ある退職代行サービスの中の『弁護士法人みやび』がおすすめです。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

  • 過去に自衛官の退職代行事例多数!
  • 最短2日で自由に!!弁護士から班長へ と退職手続き!
  • 弁護士に退職手続きを代行依頼!
  • 人間の生活を取り戻しませんか?
  • まずは無料で、LINE相談から!
退職代行みやびの公式サイトのジャンプします。

自衛隊を辞めやすい理由No1は|次の就職先が決まった

自衛隊を「なんとなく辞めたい!」「辛くて辞めたい」と思っている人は多いと思っているが、「どうやって班長に伝えよう」と悩んでいるあなた。

一番退職を受け入れてくれる可能性が高いのはやはり『次の職があること』。これに尽きます。

ですので、確実に上司を説得して退職したいと思っているのであれば、転職エージェントを活用して次の就職先を決めましょう。

転職サイトを活用すると、就活における様々な手厚いサポートが受けらますので積極的に使っていくことをおすすめですします。

自衛官にオススメ転職エージェントは「リクルートエージェント」です。初めての転職でどうすればいいのか右も左もわからないという方でも、就活で困る以下のことを丁寧にサポートしてくれます!

リクルートエージェントのサポート内容
  1. 無料で転職アドバイザーに相談
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 履歴書、職務経歴書の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 入社後のサポート
転職支援実績数No.1|リクルートエージェント
✅厚生省の調査で転職支援実績数No.1
✅強みを発見キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自 身まだ気づかれていない強味を発見してくれる
✅非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
✅企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。
公開求人数約9万8,000件非公開求人10万件以上
対応エリア全国対象年代20代~50代
得意業種全業種実績あり公式サイトhttps://www.r-agent.com/

\\転職成功まですべて無料!//

※リクルートエージェント公式サイトに遷移します。

自衛隊員の退職を受け入れる側が考えていること

自衛隊員の退職を受け入れる側が考えていること

あなたに対して唐突に「キツイから自衛隊を退職したい!」と部下から相談を受けたらどう思いますか?

あまり、そのような経験がないかもしれませんが、色々と不安になることが多いと思います。

例えば、自衛隊を退職した後に、犯罪に手を染めるかもしれない。

お金がなくなって借金まみれの生活になるかもしれない。

もしネガティブな原因で退職したいと相談されたら、あなたの上司にあたる中隊長などは退職に対して不安だと思っています。

何が言いたいかというと、ネガティブな退職理由は上司も受け入れがたいのです。

自衛隊に入隊した時点で、自衛隊のブランドを背負っていることを忘れてはいけません。

つまり退職理由はなるべくポジティブに伝えましょう!ということです。

ポジティブに伝えることにより、上司としても納得がいくことが多く退職を受け入れてもらえる可能性が高くなります。

自衛隊を辞める理由はなるべくポジティブに!嘘と建前とは!

退職理由はなるべくポジティブに!嘘と建前とは!

退職理由は人によってさまざまで、「給料が低い」、「人間関係で悩んでいた」など、本当のことを言いづらいといったこともあるでしょう。

本当のことを話すとキレられたり、引きとめにあったりすることが考えられる場合は、本音と建前をうまく使い分けることがポイントです。

そこで、「嘘と建前」が重要になってきます。

例)部隊の人との人間関係に悩んでいる。人間として受け付けない人がいるから辞めたい

意見をお互いに言い合って、コミニケーションをとって成長しあえる職場で働きたい

自分のライフスタイルにあった環境の職場で働きたい(建前)


ただし、「体調不良」や「結婚」など事実とは異なる嘘をつくのはオススメできません。整理すると↓

建前(たてまえ)=本音をすっかり覆い隠すのではなく、透けて見える程度に、口にしにくい本音を言葉で言い表すこと

嘘=事実はまるっきりの異なること

嘘はいずればれます。退職の話を切り出すのは勇気がいりますが、ポイントをおさえてスマートに退職手続きを行えるように準備しましょう。

自衛官が一番退職できる可能性が高い辞める理由

自衛官が一番退職できる可能性が高い退職理由

どの会社でもそうですがやりたいことがあるから仕事をかえるという退職理由はよく受け入れられます。

少しでも別の職業に興味のある仕事があるなら、「この職業に興味があり、〇〇の職業に身を置いて学んでみたいから」というものが一般的によく使われる退職理由です。

上記に加えて、「この職業になりたいから、稼業外や土日の時間を使ってこのようなことも努力している」

と、「次の会社のために努力してるんだぞ!」と伝えるとさらに説得力が増します。

例え、自衛隊を辞めたい一番の原因が「体力的、精神的ににキツイくて辞めたい」だとしても
いったん冷静になって、やりたいことがあるから日々このような努力をしていて、自衛隊を退職したい!

と伝えるのが穏便に退職するためのポイントです。

いや、興味がある仕事すら無いんだけど。。

転職エージェント

そんな時は、グッドポイント診断がおすすめだよ

【興味がある仕事すら無い】
グッドポイント診断で自分の強みを無料で分析
・簡単な質問に答えていくだけで、自分の強みがわかる!

・自分ではなかなか気づかない自分の強みをまるはだかに!

・実際に、自分の強みを面接でもアピールできる!

・大手のリクナビが運営しているから安心!

・30秒ほどの会員登録で診断可!

\\簡単な質問//

\\18種とその詳細もわかる//

\\診断も求人を見るのも無料//

リクナビネクスト公式サイト(グッポイント診断)に移動します。

いつかは転職する予定だ!と思っている人は登録して損はない転職サイトです。

よかったらこの機会に登録しみてはいかがでしょうか?

実際の退職理由についてみていきましょう。

自衛隊を辞める理由は大きく4パターン

  • 退職理由① 体力的・精神的に訓練が辛いから
  • 退職理由②ルーティンワークでやりがいを感じられない
  • 退職理由③やりたいことがある
  • 退職理由④やむを得ない理由で転職

今回は、転職会議」や「オープンワークス」といった会社の口コミサイトから一部抜粋して紹介しております。

もっと多くの数の退職理由などをみたいという方は公式サイトよりご確認ください。

自衛隊を辞める理由① 体力的・精神的に訓練が辛いから

一番多いのがこの理由です。

人間関係や営内生活の精神的ストレスを過度に抱えている人も少なくありません。

  • 精神的に辛い・体力的に辛いから辞めたい
  • 営内生活がストレスの限界だから辞めたい
  • 自衛隊の規則・規律や組織の風潮が合わなくて辞めたい
  • 職場の上司・同僚とうまくいかなくて辞めたい
  • 労働基準法の適用を受けない。

特別職国家公務員なので、労働基準法の適用を受けない。

そのため、マネジメント意識が希薄(36協定の存在すら知らないものが9割以上)。

その結果、普通に業務をしていても平均的な民間企業に比べれば忙しいと思うが、幹部の中でも佐官以上になると残業時間100〜200時間/月の猛烈な働き方を強要される。


また、軍事集団としてよりも国家公務員(官僚)としての性格が濃くなり、過度なマネジメントが求められて心労が溜まる。

元々辞めて次の仕事への架け橋のようなつもりで入ってきた。

だが、入隊して数年はガムシャラに働き陸曹になってやりたい事もあり継続するかとても悩んだ。
継続を選んだが、それでも数年したら辞めようと思っていたが、
最近営内生活に耐えられなくなってきた。


元々1人暮らしをしたい願望があり、20代後半になっても共同生活を送らなければいけないというのが嫌になってきて、仕事にも身が入らなくなってきたので退職を検討している。


また自衛隊は学校のようなもので、上の人にプライベートな事まで話さなくてはならず、過保護な組織に嫌気が差す。

社内の気風が古く、若い者の意見がなかなか通りにくい風潮にある。

また、転勤については、初めは無いと言われて入社したが、最近規則が変わり、全国転勤をしなくてはならなくなった。

家族のこともあるし、そう簡単に全国転勤なんて出来ない現状であるが、なかなか断りにくい。また、特別職国家公務員ということもあり、いくら残業しても、残業代は出ない。

みなし残業代として幾分か給料に上乗せされてはいるが、そんなものでは足りないくらいの労働を強いられており、現職を続けていくことに嫌気がさした。

○仕事は増やすが、減らさない。
世間では東日本大震災を境に自衛隊に対する評価が向上しているのが今の現状。

自衛隊の主任務は災害派遣ではない。災害派遣での活動が評価されたのもあらゆる厳しい環境下で訓練の賜物だと思う。訓練というのは継続して実施しなければ練度が保たれない。(筋トレと同じようなもの。)

その訓練をするために計画を企画、調整、立案、実行するが、それだけでも忙しい。
近年、毎年のように災害が起きている。自治体の自衛隊を要請するハードルが下がりすぎていて、災害派遣の三原則「公共性」「緊急性」「非代替性」が守られていないように思う。もちろん派遣して国民の生命を守ることに貢献したい。
だが、年度に計画した訓練はやるのだ。

これまでさまざまな事をお伝えしましたが、私が辞める理由はやはり人間関係が大きいです。

我が強く血の気が多い人はガツンと誰だろうとはっきり物を言えると思いますが、私はそう言う性格ではなく、穏便に生活したいタイプなので、そう言う自衛隊の悪しき風習というのがいつまで経っても気に入らないので辞めようと思っております。

理由は上記だけでなく、全国転勤なので、やはり地元で働きたいというのが入隊当初から気持ちがあり辞めます。

寮生活、特に自衛隊は集団生活で先輩、同期や後輩と同じ部屋で24時間共に生活をします。仕事とプライベートとはきっちり分けたいとも思っており、自衛隊はハッキリ言ってちゃんとしたプライベートというものがなく、常に頭のどこかには何かあったらという不安がずっと残ります。

すでに自分の足りないとこも自衛隊で補えるところは補う事ができたので、今度はちゃんとメリハリのある生活も送り、一般社会人として必要な識能と常識を学び、今後は一般人として充実した生活を過ごしたいと思い退職を決意しました。

まだ、正式に退職準備はできておりませんが、これから新たな就職先を探して、転職を早期に決めたいと思います。

特別職国家公務員という立場上、残業手当ては出ません。部隊によっては、仕事ができる人、断れない人は遅くまで残業、土日も仕事をすることが多々あります。

階級社会ではありますが、俸給は基本的に年数によって高くなるので、自分よりも低い階級で仕事量も少ない人よりもお給料が安い。

また、ある一定の年数を過ぎたら、必ず転勤が強要されます。

自衛隊を辞める理由②ルーティンワークでやりがいを感じられない

ハリのない毎日のルーティンワークに飽きてしまったことが大きな理由の一つです

配属先の部隊にもよりますが、私の所属していた部隊は、あまりにも暇すぎて資格等の勉強が物凄く捗る程でした。実務が小学生でも出来るような仕事ばかりで、何も考えずにルーティンをこなすことに苦痛を感じない方なら務まると思います。このまま定年まで過ごした結果、世間知らずの使い物にならない困った人間になってしまうと思い、意を決して転職いたしました。
イレギュラーともよべない少しの変化で面倒だ忙しいだ言っている方を見て、失望した面もあります。
実力の世界と言いますが、表彰や昇進等は確かにフェアなものの、まだまだお役所特有の年功序列の不文律が染み付いております。
人にもそこそこに恵まれ、同期や教え子達ともまだ連絡等は取り合っていますが、組織そのものに未練はありません。

やりがいも感じられてよい環境のように思えるが以前より外の世界を見てみたいと感じていた

実際に働いているときはそれなりに充実しており、まわりの人にも恵まれているなと感じている。先輩、同僚、後輩とも関係は良かった。倒産することはなく、安定はしているので定年まで働くことは可能だと感じる。

しかしながら、有事の際には家族等関係なく任務につかなければならないため真に国防の任務を遂行する意思が求められる。

実際の意識はどうかといった話は隊員の間でしたことはないが心の奥では覚悟は決めていると思う。私もそれなりに覚悟はしていた。とれる資格については、多種多様である。

どの職種に入るかにより大きく変わってくるので新隊員の教育はとても重要である。憧れで選ぶのも悪くはないが、よくよく考えてもらいたい。

職種を変えることはできるが、幹部になる等道はかぎられるため、やはり最初の選択が必要である。給料面については、在籍した分だけ上がっていく。功績を残すことで上がるが稀なのでただただ年数を待つしかない。

定年も他社と比べて早いのでセカンドライフが心配である。

よって退職を考える

やりがいも感じられてよい環境のようにも思えたが、少し外にも出てみたくなり退社することにした。

働いている時は、それなりに充実感もあり、周りの人にも恵まれていたと思う。同僚も良い人が多かったように思う。

将来的にも安定しているので、長期にわたって働くことも可能なので、選択肢としてはありだと思う。

ただ、することが、決められているので、刺激を求める人には向かないかもしれない。

ただ世の中のためになっているのは確実で、継続するのもありだと思う。民間で働きたかったので退職した。

本当にこの仕事を好きな人でないとやってて楽しくないと思います。

僕はなんとなく入ったので現在これといったやりがいを見つけることが出来ずにもがいています。何か目標や、憧れ等何でもいいので一つこれ!ってのを持って入ることをお勧めします。

自衛隊を辞める理由③転勤が嫌だ

全国異動が必ずついて回る仕事

階級に応じて全国異動の回数や期間は異なる。一般の隊員は現役期間に一度は経験する。その経験がなければ昇任などの人事に大きく影響する。

幹部以上になると定期的な異動が必須となる。役職に応じて異なるが、早くて2~3年、長くて5~6年といった具合(その部隊の規模や特性による。)


もちろん家族の都合などは考慮してもらえるが、しっかりとライフプランを立てて意思表示しておかないと面を食らう。

ここ最近の陸上自衛隊は、陸曹という下士官階級でキャリアでもないのに転勤を強要しております。

地元の駐屯地で同僚との馴れ合いで終わるという勤務体制は終焉を迎えようとしています。

また駐屯地自体が地方に多く所在しており、地方駐屯地に転勤になると週末は何もすることが無く、虚しい時間を送ることになります。

毎日が不毛でたまりません。

引っ越し、転勤を理由に退職する時のポイント

家庭の都合等で、どうしても転勤できない人もいると思います。

その場合は、家庭の事情などやむを得ない理由を正直に話すと納得してくれるでしょう。

自衛隊を辞める理由④頑張っても成果に反映されない

家公務員特別職なので、仕方ないし、文句はあまり言えませんが、給料は決して高くありせん。

夜勤手当ては雀の涙。

もちろん残業手当てなど一銭も出ません。

正直、もっと頑張ってます。頑張ったとしてもそれが給料に反映されることは自衛隊にある限り、ありません

昇任が教育での評価なので現場でいくらスキルを磨こうと反映されない。

同期後輩との昇任競争が常にあり組織の本質を勘違いしている人が多く精神的に疲弊する。

望まない転属での単身赴任での手当面、サポート面が不十分。

部隊で、新規企画・予算取得・事業推進・部隊の為の円滑なプロジェクト業務遂行など一生懸命結果を残しても、上司に手柄を横取りされ評価されない社会。

業務を一生懸命頑張っても、頑張らなくても給料やボーナスは変わらず支給される。

人間として全く成長しない残念な社会。

55歳で定年退官を迎えても、民間の厳しさを理解出来ない方々が多い。

定年後の自衛官で再就職で多いのが、頭を使わない民間で言う底辺の仕事に就く方々が多く見受けられる。

給与等の不満はそのまま伝えてしまうと「お金にしか興味がないのかな」とおもわれてしまいます。

そのため、給与の不満を伝えるのではなく「努力や成果に応じて、正当に評価してくれる会社で働きたい!」などと前向きに伝えるのがポイントです。

言い換え例

「以前の会社は年功序列の給与体系だったため、なかなか自身の成果を実感できずにいました。どれだけ頑張っても、給与体制は変わらず、モチベーションをそがれたことも何度もあります。

成果を正当に評価してくれる実力主義の会社に転職して、自分の実力及び努力で仕事を行なっていきたいと思っております。

自衛隊を辞める理由⑤やりたいことがある

自衛隊における社内SEのような立場にあったが、民間企業に転職することで明らかな年収アップが見込まれたため退職した。

ITエンジニアとしてのキャリアアップを目指したかったが、自衛隊においてはそのようなキャリアコースが存在しなかった(全くないわけではないが、非常に少数であり、ずっとそこに居られるわけではない)

「やりたいことがある」という退職希望理由はとても受け入れやすい理由の一つのなります。

すでにやりたいことがあるのであれば、そのまま上司に相談し一歩踏み出してみましょう。

自衛官が転職活動するならこの転職サイトがオススメ

転職支援実績数No.1|リクルートエージェント
✅厚生省の調査で転職支援実績数No.1
✅強みを発見キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自 身まだ気づかれていない強味を発見してくれる
✅非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
✅企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。
公開求人数約9万8,000件非公開求人10万件以上
対応エリア全国対象年代20代~50代
得意業種全業種実績あり公式サイトhttps://www.r-agent.com/

リクナビNEXT|グッドポイント診断で自分の強みを分析

自分の強み分析
誰でも聞いたことがあるリクナビNEXT
・グッドポイント診断で自分の強みを無料で分析可能!
・業界最王手で求人数も様々な業種で多数あり!

また「リクナビNEXT」のスカウトサービスでは、ユーザーの登録情報をもとに、企業がユーザーに選考や面接のオファーを送ってくれるんです。

正直、スカウト制度のある転職サイトもオススメです。
自衛官は体力、精神力があるというイメージがある企業もたくさんあります。

もし転職先に求める条件を満たした求人のオファーがくれば、求人を探す時間が短縮できます。
公開求人数約80,000件非公開求人非公開
対応エリア全国対象年代20代30代40代50代以上
得意業種全業種実績あり公式サイトhttps://next.rikunabi.com/

\求人探しはこちら/

\自分の強みを分析/

※リクナビの公式サイトに遷移します。

圧倒的に手厚いサポートが人気!第二新卒エージェント
✅手厚い正社員就職サポート
・一人あたり平均8時間の手厚いサポート
・企業担当による面談対策、面接練習。
・幅広い求人のご紹介。
・内定後はもちろん、入社後もサポート

✅スピード感のある就職活動支援!
・初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了。
・最短3日で内定獲得の利用者様も。
・もちろんご希望の就業時期に合わせてご支援

✅はじめての一般企業就職、転職も対応
・未経験OKの正社員求人も多数取り扱い!
取引企業は累計10,000社以上。
運営会社であるネオキャリアのスタッフも第二新卒者9割で不明点も安心して任せることもできます!

公開求人数5,000件以上非公開求人非公開
対応エリア全国対象年代20代~30代
得意業種全業種実績あり公式サイトhttps://www.daini-agent.jp/

\良い転職先があれば転職してみませんか?/

※第二新卒エージェントの公式サイトに遷移します。

もちろん、転職サポート(求人探し、面接対策、入社後のサポート)は全て無料です!

この3つは転職する上で登録しておいて損はしないサイトです。

転職は人生で重要なイベントですので、たくさんの選択肢から慎重に決めてくださいね!

こちらでも自衛官にオススメの転職サイトを紹介しています。

\3ステップで次の人生へ!/

  • STEP1
    【自衛隊を辞めたいと1億回思ったら】
    中途退職して転職を成功するまでの流れを解説

    >>>ステップ1の記事を読む

  • STEP2
    具体的にやりたいことがない人も大丈夫!自分の適材を分析する方法
    元自衛官の求人が多い転職サイトを紹介!自衛官候補生や定年退職の方も必見です!

    >>>ステップ2の記事を読む

  • STEP3
    自衛隊を穏便に退職する方法
    穏便に辞めるためのコツを紹介。就職が決まっていても退職できないケースが多発しています。

    >>>ステップ3の記事を読む