退職自衛官のキャリアメンター|民間企業で働く方法

お客様の声1

 

退職の声

退職代行サービスで円滑に退職できた
または
退職代行サービスから自分で行う方法に
切り替えた人々の体験談

4.9
私は、退職の強烈な引き留めと嫌がらせを受け、もはや耐えられない状況に追い込まれていました。上司からは個人的な電話が絶えず、私がいなければ部隊が回らないと責任を押し付けられました。家族への嫌がらせも始まり、もはや我慢の限界でした。

そんな絶望的な状況の中、私は転職計画科という自衛隊専門の退職代行サービスを見つけました。状況を詳しく話すと、彼らは即座に対応を開始してくれました。専門的な知識と経験を活かし、私に代わって緻密な退職手続きを進めてくれたのです。

その結果、難航していた退職が無事に完了し、ようやく息をつくことができました。もはや自分では無理だと思っていた状況が、転職計画科の助けによって一変しました。

転職計画科は私の不安を解消し、新たな人生の重要な一歩を踏み出させてくれました。その後の転職支援もきめ細やかで、予想以上に早く就職先も決まり、民間の職場での生活にもしっかりと適応できました。

いまはスキルを磨いて市場価値を上げることに専念しています。楽しい仕事では向上心も持てて、成長とそれに応じた昇給が充実感を高めてくれています。私の人生を取り戻してくれた転職計画科の皆様には感謝の言葉しかありません。
西川裕彦 – 26歳
5.0
私は航空自衛隊に所属していました。長く過ごした自衛隊の閉じた世界から、一般の社会へ飛び出すという決断は、予想以上に難しかった。そんな時、インターネットで転職計画科を見つけました。退職代行サービスを利用すれば、手間もストレスも少なく済むだろうと考えました。

しかし、転職計画科のスタッフと話を進めていくうちに、私の考えは少しずつ変わっていきました。退職は自分の人生にとって大きな節目であり、それを全うする過程自体が自己理解と成長につながる、というスタッフの言葉が、心に響いたのです。

結果、退職代行サービスを利用するのではなく、自分自身で退職手続きを行うことを決めました。その過程は簡単ではありませんでしたが、それはまさに転職先で新たなチャレンジを始めるための自己理解を深める絶好の機会となりました。自衛官としての役目を終える意味を深く考えられて、自分の価値観や将来のビジョンを見つめる時間を持つことができました。

また、サポートがあったことで驚くほどスムーズに退職手続きを終えることができました。適切なサポートとアドバイスを活用することの大切さを、この経験を通して学びました。

そして、転職計画科のスタッフさんが私を理解し、個別のニーズに応えるアドバイスを提供してくれたことで、第一志望のみならず応募した5社すべてから内定を得ることができました。

退職は人生の節目で人生の再定義を余儀なくされる。それを誰かに投げるのではなく自分自身で達成するという経験は、自分で道を切り開く力と自信をもたらしました。後ろめたい気持ちを背負わなくて済みましたし、その全てが転職計画科と、その素晴らしいスタッフのおかげです。本当にありがとうございました。
牧野渉 – 34歳
5.0
僕が陸上自衛隊に入ったきっかけは災害救助の現場を見て憧れたからです。しかし、どんなに頑張っても評価されない、何かにつけて嫌味を言われる日々が重くのしかかり、逃げ出したいと思うようになりました。その時、インターネットで見つけたのが退職代行サービスの存在でした。僕は一縷の希望を託し、このサービスに頼ることにしました。

しかし、期待は裏切られ、事態は悪化しました。その人は自衛隊の事情を十分に理解せず、雑な手続きを進めてしまったのです。それが原因で、僕は上司から退職を拒否され、無理矢理勤務を続けることになりました。この事態にとても混乱し、途方に暮れていました。

そんな中で見つけたのが、自衛官を専門としている転職計画科さんでした。僕の状況を真剣に聞いていただき、専門的な視点から的確なアドバイスをしてくれました。素晴らしいサポートのおかげで、自衛隊からの退職を正式に達成することができました。

そして何よりも、その後の再就職までサポートしてくれました。失敗した退職代行によって、すべてが狂ってしまったかのように思えましたが、転職計画科さんのサポートで、僕は再び人生を立て直すことができました。今では素晴らしい環境の職場で働くことができ、ストレスが少ない上に、自衛隊よりも多い給料にとても満足しています。

僕の経験から言えることは、専門性のあるサービスを選ぶことの重要性です。最初に選んだ退職代行サービスは、自衛隊のことをを理解していなかったのです。それに対して転職計画科さんは自衛官に特化したサービスであり、僕たち自衛官の立場を理解し、対応してくれました。それは大きな違いでしたし、それが人生を救ったのです。自衛官にとってこれ以上の選択肢は他にないと思います。
松井貴史 – 22歳
4.7
自衛隊にいた当時は、私の心には不安と迷いが渦巻いていました。これまで自衛隊で磨いてきたスキルが、果たして民間企業で通用するのだろうか。その疑問が、辞めるか辞めないか、私の退職への一歩を躊躇させていました。

その時、転職計画科というウェブサイトを見つけました。一筋縄ではいかない、私のような特殊スキルを持つ自衛官の転職問題について深い理解と経験豊富なアドバイスがありました。それが、私の転職の最初の一歩となりました。

転職計画科の専門家たちと相談する中で、私は自身の能力が市場で実際に求められるスキルとどれほど一致するかについて理解を深めました。そして、自衛隊で得た特殊なスキルが、実は非常に価値のあるものであることを認識しました。

退職手続きについても、退職代行サービスという選択があることをそこで初めて知り、楽に辞められるなら利用しようと考えていました。しかし、転職計画科のアドバイスを受けてからは、自分自身で退職手続きを行う意義について理解しました。

退職手続きを自分で行うことは、自分の選択に対する責任を全うすることであり、また自分自身のキャリアに対する深い理解と覚悟を持つための重要なプロセスであることを学びました。

また転職計画科の支援のおかげで、私は自分の得意を活かすことができる新たな就職先に無事内定を得ることができました。そして今、私は以前よりも自信を持って新たな職場で活躍しています。全てにおいて支援してくださってありがとうございました。
 森田真悠 – 28歳
5.0
僕の経験は一部の人にしか共有されないかもしれませんが、このエピソードが誰かの力になればと思い、語ります。

僕の勤務地は、特異な環境でした。厳しい上司、イジメ…自衛隊としての誇りがあった僕でも、その環境では体も心もボロボロになっていました。一刻も早くその場から離れたい一心で、退職を決意しました。しかし、上司は僕の退職を許さず、退職の手続きさえままならなかったのです。

そこで僕は転職計画科さんの退職代行サービスを利用しました。手続きを全て任せることができ、一刻も早く心が病んだあの場から離れることができたのです。僕にとって、退職代行は文字通り救世主でした。

退職後、僕は自分の心と体の回復に専念しました。しかし、転職活動のための時間やエネルギーがない状況で、新たな道を探すのは困難でした。

そんな時、また僕は転職計画科さんに助けを求めました。ここは自衛官の転職に詳しいプロフェッショナルがいて、僕の状況に理解を示してくれました。それ以上に、僕のこれからの人生について、一緒に深く考える時間を提供してくれたのです。

コンサルティングの方と相談を通じて、僕は自分がどんな職を求めているのか、自分のスキルがどの業界で役立つのかを再確認しました。そして助けを借りて、退職後の再出発を果たしました。

最終的に、僕は自衛官時代に培ったスキルを活かし、新たな職場で働き始めることができました。それが可能になったのは、退職代行サービスの支援と、その後の転職計画科のガイダンスのおかげです。両親も喜んでいます。

自分一人では解決できない問題に直面した時、僕は助けを求めることの大切さを学びました。退職代行サービスを利用すること、そして転職計画科に相談することで、僕は新たな道を切り開くことができたのです。僕の経験が、他の自衛官が自身の人生をプラスに変える一助になれば幸いです。
野口元彦 – 20歳
4.8
私は、自衛官という職業には誇りを感じていましたが、いつしかその生活に抑圧感を感じるようになり、転職を考えるようになりました。しかし、その欲求は私を最悪の状況に追い込みました。

何も知らない私は、手っ取り早く辞めるために、とある退職代行サービスに頼りました。ところが、そのサービスは自衛隊の退職手続きをまったく理解していないにも関わらず引き受け、手続きは失敗に終わりました。この問題が波紋を広げ、私の立場は前よりもさらに悪化しました。

でもその状況下で、私が見つけた救世主が転職計画科でした。自衛官特有の退職の問題について深く理解していました。

しかし、ここで私に勧めてくれたのは、再度退職代行サービスを利用することではなく、自分自身で退職手続きを進めることでした。自分で手続きをすることによって、自分の退職意思と退職後の計画をしっかりと隊に伝えることができ、自分の意思に基づいていると説得力をもたせられるということでした。

また、将来をどう生きたいか?民間企業での働きを通じてあなたは世界に何を示したいか?と質問され、その答えをじっくりと考える時間も必要だと気付かせてくれました。そして退職を実行するための具体的な方法を教えてくれました。同時進行で、転職活動と新たな生活設計についても具体的な行動にうつすことができました。一人では決して進められなかったと思います。

最初の失敗は痛かったですが、それは私にとって重要な教訓となりました。そして、その教訓を通じて転職計画科を見つけ、自分で行動を起こすことを選んだ結果、私は自分の人生を再びコントロールすることができました。私の体験が、同じように自衛隊からの退職を考えている方々の一助となれば、これ以上の喜びはありません。
長谷川友里 – 24歳
「最悪からの脱出と新たな出発」
4.9
高校を卒業してそのままずっと陸上自衛隊に所属していましたが、人間関係の不和や激務な上に薄給ということでやりがいを見いだせずにいました。とにかくその環境から抜け出したい一心で、よく調べもせずに一般の退職代行サービスを利用しました。ところが、この決断が私の人生を一変させる最悪の事態を引き起こしました。

私が選んだ退職代行サービスは、自衛隊の特性を理解せず、適切な手続きを踏まなかったため、退職のプロセスは完全に失敗しました。結果的には退職が認められず、逆に自衛隊内での立場が更に悪化しました。私はこの結果に心を痛め、深い絶望感に苛まれました。

しかし、その中で一筋の光が差し込んだのが、自衛官専門の転職計画科さんでした。言うまでもなく私の状況を深く理解し、自衛隊内部での手続きに精通していました。転職計画科さんの専門的な知識と経験により、私は再度退職のプロセスを進めることができました。

最初の退職代行サービスの失敗から学んだことは、プロフェッショナルなサポートがどれほど重要かということです。そして、そのプロフェッショナルなサポートを受けた結果、私は最終的に自衛隊から正式に退職することができ、新たな人生の扉を開くことができました。

転職計画科は自衛隊の特性を理解し、その上で適切なアドバイスをくれたことで、私は自衛隊からのスムーズな退職だけでなく、その後の転職活動においても大きな助けを得ることができました。自衛隊からの退職という大きな一歩を踏み出す際には、転職計画科のような専門性のあるサポートが必要です。私の体験が、他の自衛官の皆さんの参考になれば幸いです。
石井優希 – 23歳

転職に成功した自衛官たちの
エピソードと感想を紹介します

4.8
元空自です。今はITエンジニアとして転職計画科さんの支援で就職できた会社で充実した毎日を過ごしています。あの当時は自衛隊の働き方や環境に疲れ、早く辞めて1日でも早くその環境から逃れたいという衝動にかられていました。

でも退職手続きを進めることで、自衛隊からの脱却を急ぐ心情とは裏腹に、時間がかかるという現実に直面しました。しかし、退職手続きに時間がかかることが、思わぬ形で私にチャンスを与えました。それは、自分が本当にやりたいことは何か、と自問自答する機会を与えてくれたからです。

この期間、私は転職計画科というウェブサイトを見つけ、勇気をもってメッセージを送ったことで、多くの知識やアドバイスを得ることができました。

自衛隊の退職手続きに関する具体的な手順や、転職に際しての準備方法など、まさに必要としていた情報でした。またそれを通して、いかに自分が甘かったか、転職という大きな人生の転機に備えるための準備の大切さを痛感しました。

何も決めないまま外の世界に飛び出すことに大きな恐怖を感じました。そうして自分自身と向き合い、本当にやりたいことを見つめ直す時間を持てたことで、自衛隊を辞めてITエンジニアという目標を設定することができました。

退職代行サービスを利用するという選択肢も目の前にありましたが、自分で退職手続きを行う道を選びました。結果として、自分を掘り下げて考えられる貴重な機会となり、真に望む生き方を見つけることができました。だから私は退職代行サービスを利用するのではなく、自分自身で退職手続きを行うことをお勧めします。

実際、ITエンジニアとしてキャリアが始まった直後、転職計画科で得た情報やアドバイスの価値をより深く実感することができました。新たな職業に備える準備をした経験は、新たな職場で直面した課題に対する自信となりました。

今振り返れば、自衛隊からの退職は、ただの終わりではなく、新たな人生の始まりでした。そして、その大切な過程を他人に委ねるのではなく、自分自身で経験したことにより、私の新たな人生はより明確な方向性を持つことができました。

退職を考えている皆さん、急ぎすぎは禁物です。準備がないのに飛び立つことはリスクが大きい。次のステップに向けた自分だけの地図を描くために退職という自分の選択に真正面から向き合うことが大切です。
森本晃太 – 29歳
4.7
私は自衛隊で長らく働いてきましたが、ある日、疲弊した心身と向き合うことを余儀なくされました。でも退職の手続きは複雑で、それが更なるストレスの原因となったのです。そこで私は退職代行サービスに目を向けました。

初めはその中でも口コミ評価が良いとされる会社に依頼しました。しかし、全てが思うように進むわけではありませんでした。その会社は自衛隊の特殊性に対応できず、退職代行が失敗し、私の手続きは却下されてしまいました。

そんな絶望的な状況から救い出してくれたのが、転職計画科です。自衛官に特化したサービスを提供しているだけあって、私の問題に深く精通していました。それでも驚くべきことに、私に提案したのは、再び退職代行サービスを利用するのではなく、自分自身で退職を実現させることでした。

自衛官としての私の経験と性格を見極め、個別の事情を理解した上で、自力で退職を進めるほうが、長期的に見て有利だと教えていただきました。担当のコンサルタントは、退職だけではなくて就職活動にも目を向けていて後々不利にならないようにしてくれました。そして、私を自力での転職へと導いてくれたのです。

最初は不安だったものの、その過程で得た知識や経験は、私の自信となりました。逃げずに、自分の手で区切りをつけることができたことも、民間企業で新たなスタートを切るんだという強い気持ちに繋がっと思います。

この過程がなければ、自分は自衛隊でやっていけなかったという挫折感をただただ身にまとっていたかもしれません。実際、やはり就職活動はいきなり1社目で決まるわけなく不採用通知を数社からもらいましたが、心折れることなく、進められたのは、この経験があったおかげです。

退職代行サービスを頼った結果、転職計画科と出会い、自分の力を信じて行動を起こすことを教わり、新しい仕事までサポートしてくれました。自衛隊からの退職を考えている他の人々にとって、何かの参考になれば幸いです。
佐久間正宏 – 33歳
5.0
あの当時、私は、自衛隊での職務が精神的に耐えられなくなり、自殺を考えるほどまで追い詰められていました。辛い日々が続き、いつしか自分の存在意義を見失っていました。

しかし、その時に出会った転職計画科さんのおかげで私の人生は180度変わりました。自分の状況を語った時、ただすぐに手を差し伸べてくれました。誰よりも私の痛みを理解し、最善の解決策を探してくれたのです。

とにかく私を助けるために、自衛隊の緻密な退職手続きを開始しました。転職計画科のメンバーは、自衛隊の手続きに詳しいだけでなく、退職後の生活についても心配してくれました。また、心理的なケアも丁寧に行ってくれ、日々の重荷から少しずつ解放されていきました。

転職計画科の支援のおかげで、無事に退職することができ、新たな人生の一歩を踏み出すことができました。今、私は新しい職場で働き、自分の人生を取り戻すことができました。それも全て、転職計画科の皆さんのおかげです。

この辛い経験を通して、私が得た最も大切な教訓は、人生に絶望した時でも、必ず助けてくれる人がいるということです。転職計画科の皆さん、私の人生を救ってくれて、本当にありがとうございました。
黒田翔太 – 22歳
4.9
私の特技はコミュニケーションで、困っている人を助けることが好きな元陸上自衛官です。転職計画科さんのサポートのおかげで一般企業の就職が決まり、現在は人事部に所属しています。

自衛隊は頼もしい仲間との絆があり、豊かな経験がありました。しかし、働き方や組織文化に何となく違和感を感じ始めていました。私の持っているコミュニケーションスキルをより広く生かし、個々の働き方やキャリアを支援する仕事に身を投じたいと考えるようになりました。

自衛隊を辞めるという決断は、自衛隊を嫌になったからではありません。むしろ、新たな挑戦に向けての熱意と、自分の内面から湧き上がる意志があったからです。

退職する時、初めは退職代行サービスを利用しようと思っていました。けれども、自衛隊という閉じた世界から開かれた世界へ踏み出す大切な一歩を、他人に任せてしまうのは違うと感じました。

退職手続きを自分で行うことは、決して楽な道ではありませんでしたが、その過程で未来への明確なビジョンを確固たるものにすることができました。価値観や目指す方向性がクリアになり、私の能力をより大きく発揮し、より多くの人を助けるために役立てようと決意を強めました。

その時間があって、私は、今の会社への入社のチャンスに巡り合うことができました。退職から就職まで一気通貫してのサポートは感謝してもしきれません。私の第二の人生のスタートに転職計画科さんがいなければ、もっと不透明で、今のような充実した日々を送ることはなかったと思います。

自衛官の方には、私は退職代行サービスを使わざるを得ない理由があるなら使うべきだと思います、でも、転職計画科さんが言っているようにそれが逃げるためのものであれば、一度立ち止まって、勇気をもって自分自身で退職手続きを行うことをお勧めします。それは、自分自身と深く向き合う貴重な経験となるはずです。
佐藤雅也 – 40歳
4.7
私は陸上自衛隊で訓練指導の立場でした。自衛隊での生活は私にとって厳しい時間でしたが、同時にプライドを感じる場所でもありました。それは私の生活の一部で、同時に私の人格形成にも寄与しました。しかし、ある出来事が私の視野を一変させました。

同僚との間で不和が生じ、その結果、私は日々の勤務が精神的に辛いものとなりました。私はある日、鏡を見つめながら、自己矛盾に気づきました。私は自分自身を尊重しながら、人生を過ごすべきだと感じました。自衛隊を退職するという大きな決断を下すことにしました。

しかし、その道のりは決して平易ではありませんでした。私の上司は、私が退職することを容易には許さない姿勢を見せていました。

その時、私は退職代行サービスの存在を思い出しました。そして転職計画科に連絡を取りました。彼らの対応は素早く、丁寧でした。私の状況を理解し、専門家としての視点からアドバイスを提供してくれました。

すべての退職手続きを引き受けてくれたおかげで、私は心の余裕を持つことができました。私が退職代行サービスを利用してよかったと思ったのは、その専門的な手続きだけでなく、それ以上に私の精神的な負担を軽減してくれたことでした。私は新たな人生を切り開くためのエネルギーを蓄えることができたのです。

退職後、さらなる支援を求め、就職活動でも助けを求めました。担当の方は私が新たなキャリアを模索する際のサポートを惜しみなく提供し、私の特技や経験がどのような職種で役立つかを一緒に見つけていただけました。

最終的に私は、自衛隊での経験を生かしてセキュリティコンサルタントとして新たなキャリアを開始しました。転職計画科の助けがなければ、私はこの新たなチャンスを逃していたかもしれません。

私が退職代行サービスを利用してよかったと感じた理由は、私の人生を大きく変える一歩を踏み出すための援助を得られたからです。それは単に手続きを代行してくれるサービス以上のものでした。私にとって、それは新たな人生を一歩踏み出す勇気をくれる存在でした。
澤田充宏 – 36歳
4.9
私は自衛隊を辞めるとき、当初は退職代行サービスを利用するつもりでした。けれども、結果的にはそれを使わず、自分自身で退職手続きを行いました。

その理由は、私自身がなぜ自衛隊を辞めようとしているのか、なぜ転職しようとしているのか、自分自身と向き合う必要があると的確に指摘してくれたからです。たしかに自分でも、退職代行サービスを利用すると便利に思えるも、面倒な手続きから逃げ出す感じがしてました。

それに、自分の選択の結果として自衛隊に入ったので、その後始末をお願いすることは、なんだか自分の中の大切なものを失う感じがしました。人生から逃げ出すことになるかもしれないと思ったんです。

本当に辛い時は逃げることも大切とも言ってくれましたが、まだ自分は元気でしたし、病んでいる演技をするのは違うと思ったので、自分で退職手続きをすることを決めました。もちろん時間も手間もかかりましたが、退職手続きの一部始終を自分で行うことで、その時間のなかで自分自身を深く理解することができました。

なぜ自衛隊を辞めるのか、その原因となった経験や感情、そしてそれがどのように価値観を形成してきたのかなどを再確認する時間が得られました。その上で目標や乗り越えたい感情、解決したい自分の問題、モチベーションが枯れない長く続けられると思える仕事を見つけることができました。

退職代行サービスで辞めたら、すぐに就職先を見つける必要性が生まれるので、このように良く考えずに適当な会社に就職していたと思います。退職代行サービスを利用せず、自分自身で手続きを行ったことは、非常に価値のある経験となりました。

その全ての過程で、さまざまなツールや考え方や宿題を提供してくれ、再就職のお世話までしてくれた転職計画科さんには感謝しています。

現役の自衛官に言いたいことは、退職は、仕事を辞めるだけでなく、自分と向き合う絶好の機会です。その過程で自分自身の価値観や考え方をしっかりと認識することで、新たな人生の目標をちゃんと設定することができます。だからこそ、私は自衛隊を退職しようとするすべての人に、自分自身で退職手続きを行うことを勧めます。
小松英雄 – 24歳
4.9
自衛隊で働く中、私は心身共に限界を感じるようになりました。辞めたいという一心で、広告にあった退職代行に依頼しました。

しかし、その会社は請け負った私の退職手続きを放棄してしまいました。それだけでなく、私の個人情報を悪用して詐欺行為を働いていたのです。私は絶望し、何を信じて良いか分からなくなってしまいました。

そんな時、自衛官専門の転職支援サイト、転職計画科を見つけました。担当の人は私が経験した被害状況を理解し、状況の改善に取り組む意志を見せてくれました。しかし、その後の提案には驚きました。

転職計画科は、私に退職代行サービスを再度利用するのではなく、自分で退職手続きを行うことを進めました。自衛隊の退職手続きについてのコツとともに、自分で手続きを進めることの意義について説明してくれたのです。

転職計画科の支援を受け、自分で退職手続きを行う道を選んだ結果、自分の力で問題を解決する自信を得ることができました。実際、それが今の働き方にも繋がっていると強く感じます。悪い経験を乗り越え、私自身が変わるきっかけを作ってくれた転職計画科には、深く感謝しています。
宇野孝太郎 – 39歳
4.9
転職計画科のサポートは、単なる手続きの面だけでなく、心の面でのケアも大切にしていました。私の心が壊れそうになった時に、適切なメンタルケアの提案をしてくれました。

提案の一つは、プロのカウンセラーとのセッションでした。私の状況を深く理解するために、専門家の力を借りることをすすめてくれました。その結果、私は自分の心の痛みに正面から向き合うことができ、深い部分からの癒しを得ることができました。

また、転職計画科のカウンセラーさんからは、ストレスを緩和するための日々の習慣も提案されました。それは例えば、深呼吸、瞑想、適度な運動など、日々の生活の中でできる簡単なものから始め、それが私の心の安定に役立つようになりました。

さらに、私に対してポジティブな自己像を持つことを強く奨励しました。このポジティブな自己像は、私が再び自己信頼を取り戻し、前向きに生きる力を与えてくれました。

最後に、カウンセラーさんは定期的に私の心の状態を確認するチェックも行ってくれました。私の感情や考えを共有することで、私の心の健康を保つために何が必要かを見極め、適切なケアを提供し続けてくれました。

転職計画科の心のケアのおかげで、私は心の傷を癒し、再び前向きな人生を歩むことができました。それは私にとって、人間性の回復だけでなく、新たな人生への希望ともなりました。
石原真紀 – 23歳

転職に成功した自衛官たちの
エピソードと感想を紹介します

Copyright©いちばんやさしい自衛官の転職の教本,2024All Rights Reserved.