退職自衛官のキャリアメンター|民間企業で働く方法

お客様の声2

 

転職の声

転職に成功した自衛官たちの
エピソードと感想を紹介します

こちらでは、民間企業で活躍している仲間たちの生の声をお届けします。転職を選んだ方々がどのように成功したのか、その体験談を読むことで、あなたも新しい道を切り開くヒントを得られるでしょう。

4.9
陸上自衛隊→製造業の資産管理部門 年収220万円UP

陸上自衛隊では、私は、戦車の操作と保守に従事してきました。厳しい訓練を経て、戦車の一部となり、それを熟知することが私の誇りでした。しかし、退職後のキャリアパスは、非常に不確定であり、自衛隊での特殊なスキルが転職市場でどのように評価されるのか、私には状況は不利としか見えていませんでした。

そして私は、自衛官専門の転職サポートをしている転職計画科にたどり着きました。コンサルタントの方と話す中で、自衛官として培った厳密さ、緻密さ、そして危機管理能力が、民間企業でも非常に評価されることを知りました。

驚いたことに、私の戦車の運用や保守の経験は、複雑な設備を管理し、運用するための資産管理の世界でも価値があるということを、転職計画科は提案してくれました。そして、彼らの支援のもと、私は大手製造業の資産管理部門への転職を果たしました。

現在、私は高価な設備のスケジューリング、保守、予算管理を担当しています。自衛隊で培ったスキルが、ここでも活かされていることを実感しています。また、自衛隊での経験が、厳格な時間管理と緻密な作業を行う能力を高め、職場での評価を得るのに役立っています。

自衛官の皆さん、転職は一人では難しいかもしれません。しかし、私の経験から言えば、転職計画科は自衛官としての独自のスキルと経験を見つけ出し、それを新たなキャリアに活かす道を示してくれます。退職を考えている自衛官の方々にとって、転職計画科は最高のパートナーと言えるでしょう。
熊本賢二 – 28歳

4.7
陸上自衛隊→IT企業 年収140万円UP

私は以前は通信関連の部隊に所属しておりました。通信手段や情報処理の技術に関する独特な経験とスキルを身につけました。しかしながら、その当時はそのスキルが民間でどのように活用できるのかを見つけられず、退職後のキャリアについてはあまり期待できないと思っていました。

しかし、その考えが変わったのが転職計画科と出会ったときです。転職計画科のスタッフが私のスキルと経験を評価し、それが今の社会でどのように役立つのかを見つけ出す手助けをしてくれました。彼らは私の通信スキルがIT分野で非常に需要があると教えてくれました。

さらに彼らは、私がどのように自己PRをするべきか、面接で何を話すべきかなど具体的なアドバイスをくれました。これにより、私は自衛隊で得た特殊なスキルが、民間企業でも非常に有用であることを実感しました。

そして結果的に、私はIT企業の通信システム部門に転職することができました。自衛隊で培った厳しい状況でも冷静に行動できる姿勢や、困難な問題に対してもあきらめずに解決策を見つけるスキルが、新しい職場でも評価されました。

退職後の自分のキャリアに悩んでいる自衛官の方々には、転職計画科を強く推薦します。自衛隊で培った独特なスキルが、どのように市場で活用できるのかを見つけ出してくれるでしょう。私の経験があなたの一助になれば幸いです。
西村大志 – 32歳

4.9
陸上自衛隊→映画制作会社スタントマン 年収340万円UP

陸上自衛隊では、数多くの戦術を学び、高度な格闘術をマスターした私のキャリアは、激しくエキサイティングなものでした。しかし、そんな私でも、一般企業への転職を考えた際には、自分の特技がどのように役立つのか見当がつきませんでした。

そこで出会ったのが転職計画科です。彼らは私が自衛隊で培ったスキルを見つめ直し、それらを全く新しい視点から評価してくれました。その結果、私の転職先として想定外だった分野が浮かび上がりました。それはなんと、映画制作会社のスタントチームだったのです。戦車操作に必要な高度なコーディネーション、厳格な訓練によって鍛えられた肉体、厳しい状況下での即断力。これら全てが、スタントマンとして求められる資質と一致したのです。

転職計画科のアドバイザーは私をその映画会社に推薦し、そこでの新たなキャリアがスタートしました。現在は、大規模なアクションシーンのスタントマンとして、映画の舞台裏で世界中の観客を驚かせる演技をしています。自衛隊で培ったスキルは、予想外の形で私の人生を豊かにしてくれました。私のように転職を考えている自衛官の皆さん、転職計画科さんは、私たちのスキルを最大限に活かせる新たな道を見つけるのを手助けしてくれます。自分の可能性を信じ、新たな挑戦を恐れずに踏み出してみてください。
藤岡隼人 – 27歳

5.0
航空自衛隊→航空会社 年収80万円UP

私が初めて転職計画科に足を踏み入れたのは、自衛隊を辞めることを決意した直後でした。航空自衛隊のパイロットとして長年勤めてきた私は、その特異なスキルセットが民間でどれほどの価値を持つのかを見極めることができず、途方に暮れていました。

しかし、転職計画科のアドバイザーは、私が持つスキルと知識が一部の業界で非常に価値があることを教えてくれました。彼らの助けを借りて、私は転職先として航空関連の民間企業を目指すことにしました。

転職計画科の専門家たちは、自衛隊での経験をどのようにレジュメや面接でアピールすればいいのかを具体的に教えてくれました。そして、私の強みである危機管理能力や緊急時の判断力を最大限に活用するよう、アドバイスをくれました。その結果、私は航空保安システムの開発に関わる企業に採用されました。

自衛隊での経験が、この新たな職場でも大いに役立つことになります。私が新しい職場で初めて直面したのは、急なシステムエラーという危機でした。しかし、自衛隊での緊急時の対応が役立ち、混乱せずにすぐに状況を把握し、チームを率いて問題解決に向けた行動を開始しました。その結果、私たちは短時間でシステムを復旧させることができ、大きな事故を防ぐことができました。

この一件により、私は会社全体から信頼を勝ち取り、リーダーシップを発揮する機会を増やすことができました。今では、私のチームは会社の主要プロジェクトを任されるまでになりました。

私の経験から言えることは、自衛隊での経験やスキルが、新たな環境で新しい価値を生み出すことができるということです。そして、その過程で最も大切だったのは、転職計画科という優れたパートナーが私をサポートし続けてくれたことです。彼らの助けがなければ、私は自分のスキルを正確に評価し、自信を持って新たな道へ進むことはできませんでした。

私の体験が、他の自衛隊員の皆さんが転職を考える際の参考になればと思います。転職計画科は、自衛官特有のスキルと経験を評価し、最適な転職先を見つけるお手伝いをしてくれます。私のように新たな環境で活躍している自衛官が増えていけば、それは私たち自衛隊員全体の価値向上にも繋がると信じています。
久保田亮介 – 38歳

4.8
陸上自衛隊→エステートプランナー 年収140万円UP

自衛隊に所属していましたが、退職を決意し、次のキャリアパスを模索しました。自衛隊で得た医療の専門知識と経験を活かし、どこかの病院や診療所で働くことを想像していましたが、転職計画科が私に示した道は全く違ったものでした。

驚くべきことに、転職計画科のアドバイザーは私に、エステートプランナーという職種を提案してきました。人々の資産計画や遺産相続のアドバイスを行うエステートプランナーの仕事とどう関連しているのか、当初は理解できませんでした。

しかし、転職計画科のアドバイザーは、医療の知識と経験がエステートプランニングの分野で大きな利点となることを教えてくれました。年を重ね、健康や介護に関する問題を抱える人々に対して、適切な資産管理のアドバイスを行うためには、医療の知識が不可欠だというのです。

そして、私はそのアドバイスに従い、エステートプランナーとしてのキャリアを始めました。今では、自衛隊で得た医療の知識を活かし、高齢者やその家族に対して、資産管理と健康管理の両方に関する具体的なアドバイスを提供することで、多くの人々から信頼されています。また、その結果として、私の年収も大幅にアップしました。

自衛隊で得たスキルや知識が、全く予想もしなかった分野で活かせることを、私は転職計画科のおかげで理解できました。自衛隊を退職を考えている人々には、自分のスキルを最大限に活かす新しいキャリアパスを見つけるために、転職計画科のサポートを利用することをお勧めします。
浜田聡美 – 27歳

4.8
航空自衛隊→航空関連企業 年収130万円UP

私は元々航空自衛官として、空中警戒管制システムに関わる職務に就いていました。しかし、そこで得た特殊なスキルが民間でどれほど役立つのか、退職後の人生が見えず、心配と不安に押しつぶされそうでした。

そんなある日、転職計画科という自衛官専門の転職支援サービスを見つけました。彼らは自衛隊の特殊なスキルや経験を評価し、最適な転職先を探すお手伝いをしてくれるというのです。

転職計画科のスタッフは私のスキルを深く理解し、それをどのように活かすかを一緒に考えてくれました。さらに、私たち自衛隊員が抱える特有の不安や悩みにも寄り添い、心からの支援をしてくれました。

彼らの支援のおかげで、私は民間の航空関連企業に転職することができました。航空自衛隊で学んだ技術や経験が大いに役立ち、私は現在、新たな職場でリーダーとして活躍しています。

転職計画科の存在がなければ、私はこのような新たな道を歩んでいることはなかっただろうと思います。退職を考えている自衛官の皆さんに、転職計画科を心からおすすめします。私のように新たな自分を見つけるきっかけになることでしょう。
福田優斗 – 29歳

5.0
海上自衛隊→海洋エネルギー 年収220万円UP

かつて私は海上自衛隊の潜水艦乗組員として、海の静寂の中、国を守る重大な任務を担っていました。しかし、その生活は一般的な社会から隔絶されており、退職後の人生を考えると戸惑いと不安でいっぱいでした。

そのとき私の目に飛び込んできたのが転職計画科の存在でした。彼らは自衛隊員専門の転職支援を行い、その独特なスキルと経験を評価してくれると謳っていました。

初めて彼らと接したとき、私の不安はすぐに薄れていきました。彼らは私が海上自衛隊で培った知識やスキル、そしてそれらをどのように民間の仕事に活かせるかを深く理解してくれました。さらに、彼らは私の状況に対する共感と共に、具体的な行動プランを提示してくれました。

彼らのサポートの下、私は潜水艦乗組員としての技術と経験を活かす海洋エネルギー関連企業に転職することができました。今では、元自衛隊員という背景を生かし、海洋エネルギーの開発に携わりながら、充実した日々を過ごしています。

転職計画科がいなければ、私は自分の価値を見つけ、新たな人生を歩むことは難しかったでしょう。自衛隊員の転職を考えている方々にとって、転職計画科はまさに灯台のような存在です。彼らの支援が、あなたの新しい道を明るく照らしてくれることでしょう。
中里智也 – 27歳

4.8
海上自衛隊→IT企業 年収130万円UP

私は海上自衛隊にいました。自衛官としての訓練は厳しかったですが、それは私を精神的にも肉体的にも強くしたと自負しています。しかし、その一方で民間企業への転職を考えた時、自分のスキルがどのように役立つのかを見つけるのは難しかったです。

そんな時、自衛官専門の転職サポートを行っている転職計画科と出会いました。彼らは私のスキルをどのように転用できるかを詳細に説明し、私が抱えていた不安を和らげてくれました。

彼らのアドバイスにより、私は自分の持つ厳格な自己管理能力や困難な状況下での判断力を活かせる分野、それがIT業界であるということに気付きました。海上自衛隊とIT業界、一見無関係に見える二つの世界ですが、プロジェクトを成功させるためにはチームの統率やクリティカルな状況下での判断力が求められ、これらは海の上での経験が直結していました。

転職計画科の支援のもと、私はIT業界への転職を果たし、今ではプロジェクトマネージャーとして活躍しています。私の自衛隊での経験は、困難な状況でも冷静に判断を下す能力を評価され、周囲から信頼される存在となりました。

転職計画科がいなければ、自衛官としてのスキルがIT業界でも活かせるとは思わなかったでしょう。彼らは自衛隊員の価値を見出し、新たな人生の門を開く手助けをしてくれました。自衛隊を離れることを考えている方々にとって、転職計画科は大きな安心感を与えてくれる存在だと思います。
木元晋也 – 28歳

4.5
陸上自衛隊→スポーツイベント会社 年収90万円UP

私は陸上自衛隊の施設科に所属し、基地の建設や修繕、電力供給といった、自衛隊の活動を支える裏方の仕事に携わっていました。しかし、自衛隊を退職した後の自分の進む道については、何も見えていませんでした。

そこで転職計画科に相談したところ、自衛隊で培った施設科のスキルを活かせる、予想外のキャリアパスを提案してくれました。それはなんと、スポーツイベント運営の会社でした。

彼らは私が所有しているプロジェクト管理のスキル、コミュニケーション能力、そして機械や設備の問題を迅速に解決する能力を評価してくれました。私はこの新たな道に進む決心をし、転職計画科が私のスキルを最大限に活かすための準備をサポートしてくれました。

現在は、国内外の大規模なスポーツイベントの運営に携わっており、自衛隊時代のスキルが存分に活かされています。会場の設営、照明や音響設備の管理、さらには電力供給など、私の役割は多岐にわたります。

退職後に全く新しい世界へ飛び込むことは、初めは怖いかもしれません。しかし、私の体験が証明しているように、自衛隊で培ったスキルと経験は、思いがけない場所で大きな価値を生むことができます。それを可能にしたのは、転職計画科の存在でした。

自衛隊を退職しようと考えている皆さん、私が人生を変えることができたので、自分の能力を信じてください。転職計画科は、その一歩をサポートしてくれますよ。
渡辺恭平 – 31歳

5.0
海上自衛隊からワインメーカー 年収120万円UP

海上自衛隊に勤務していました。海上自衛隊の一員として海上での任務を遂行する中で、独特な環境での経験や、高度な技術スキルを身につけましたが、自衛隊を退職しようと決断したとき、どのように自分のスキルを生かすかが見えていませんでした。

そんな時、転職計画科の助けを借りることにしました。彼らと話す中で、私が自衛隊で得たスキルは、一見自衛隊とは無関係に見える分野でも活かせることがわかりました。それはなんと、ワインメーカーでした。

自衛隊時代に身につけた厳密さ、緻密さ、そして自然環境との調和を図るスキルが、ワイン作りの世界でも評価されました。また、海上自衛隊の一員として学んだ困難な環境下でのチームワークとリーダーシップは、ワインの生産チームを統率するうえで非常に有用でした。

転職計画科のおかげで、ワインメーカーという全く新しいフィールドで自分のスキルを発揮するチャンスを得ました。私は今、新たな職場で新しい挑戦を楽しみながら、自衛隊時代に学んだ経験とスキルを生かしています。

もし海上自衛隊を退職を考えている方がいましたら、自分が身につけたスキルを生かす新しい道があることを知ってください。そしてその道を見つけるための助けをしていただけるのが、転職計画科です。私のように、自分のスキルを全く新しい分野で活かすチャンスがあなたを待っていますよ。
吉田慎一 – 28歳

4.8
陸上自衛隊→映画産業(スタント)→年収110万円UP

私は以前は陸上自衛隊にいました。極めて高度な技術を要する仕事で、常に精神的・肉体的な緊張と隣り合わせで、時には人命を預かる大役を担っていました。

しかし、自衛隊を退職した後、自分がどう進むべきか全く見当がつきませんでした。そこで転職計画科のサポートを利用することにしました。

驚くべきことに、彼らは私が自衛隊で培ったスキルを、一見全く無関係に思える領域で生かす道を示してくれました。それはなんと、映画産業でのスタントコーディネーターでした。

自衛隊での厳格な規律、チームとの協調性、危機管理能力、そして高度な操縦技術が映画撮影の現場で非常に高く評価されました。そして、その全てがスタントコーディネーターとして求められるスキルであることに気づいたのです。

転職計画科のおかげで、自分が一度も考えたことがなかった映画産業という全く新しいフィールドで自分のスキルを発揮するチャンスを得ました。そして、新たな職場で日々刺激的な経験をしています。

陸上自衛隊を退職しようと考えている人に一言伝えたいと思います。自分が培ったスキルを生かす新しい道があることを知ってください。そしてその道を見つけるための一助となるのが、転職計画科です。私のように、自分のスキルを全く新しい分野で活かす助けをしてくれるはずです。
榊原啓太 – 29歳

4.9
陸上自衛隊→ドローンレース 年収70万円UP

陸上自衛隊のヘリコプターパイロットを経て、自衛隊を退職しました。私の能力をどう活かせばよいのか全くわからなかったので、転職計画科に相談することにしました。

驚くべきことに、彼らは私が自衛隊で培ったスキルを、一見全く無関係に思える領域で生かす道を示してくれました。それは、なんとドローンレースのプロフェッショナルパイロットとしてのキャリアでした。

ドローンレースは操縦技術が重要ですが、それだけではありません。チームとしての連携や危機管理能力、高度な技術力を要します。これらはすべて自衛隊で培ったスキルであり、それらがドローンレーシングの世界でも通用することに驚きました。

今では、私は国内外の大会で活躍するチームの一員としての生活を送っています。舞台は変わりましたが、自衛隊で培ったスキルがここでも役立つのです。

自衛隊を退職を考えている人へ、一つアドバイスをさせてください。それは、自分のスキルが全く新しいフィールドでも通用するということです。その一助となるのが転職計画科です。私のように、自分のスキルを全く新しい分野で活かす道が必ずあります。
伊藤翼 – 33歳
5.0
陸上自衛隊→ITコンサルタント 年収400万円UP

私は陸上自衛隊に所属していました。退職を決意し、自衛官専門の転職支援サービス、転職計画科に相談しました。しかし、私は彼らの教えを無視し、自身のプライドと思い込みに囚われ、3つの重要なガイドラインを無視しました。

1つ目は、自分自身の価値を理解すること。自衛隊で培った特技や能力、それに経験を理解し、それを将来の仕事にどう活かすか考えることが大切だと転職計画科はアドバイスしてくれました。しかし、私は自分のスキルを過小評価し、無理なく転職できると思い込んでいました。

2つ目は、新しいスキルの習得に時間と労力を投資すること。退職後のキャリアには既存のスキルとその補完のための新たなスキルが必要だと転職計画科は教えてくれましたが、私は急ぎすぎて、適切なスキルを身につける機会を逃しました。

3つ目は、適切な求人を見つけ、十分な時間をかけて応募すること。しかし私は急いで最初に見つかった求人に飛びつき、良い結果を得ることはありませんでした。

このように、転職計画科の教えを無視した結果、無計画に転職を試み、何度も失敗を重ねました。ある日、働けずに汗まみれになりながら家に帰ると、通帳の残高がわずか9156円になっていました。それは私が破産寸前であることを現実として認識せざるを得ない瞬間でした。

今となっては、転職計画科のアドバイスを無視したことは、私自身が陥った最大の失敗だと痛感しています。転職を考えている現役自衛官の皆さんには、私の体験から学び、プロのアドバイスを尊重し、謙虚に新たな道へと進んでいただきたいと願っています。

自分が破産寸前にまで追い込まれてしまったという事実に打ちのめされた私は、改めて転職計画科の扉を叩く決意をしました。その日、私は自分のプライドを捨て、彼らの専門的な助けを素直に受け入れることを決めました。

まず、私たちは私の経験とスキルを見直しました。これまで自衛隊で培った私の技術や、それに対人関係のスキルを評価し直しました。自衛隊での経験は、多くの人々との協力、プロジェクトの理解、緊急時の判断力など、民間企業でも求められるスキルを私にもたらしていました。転職計画科の専門家たちは、私がこれらのスキルをどうアピールすべきか具体的なアドバイスをくれました。

次に、転職計画科は私に新たなスキルの習得をサポートしてくれました。特に、自衛隊での経験を基にしたプロジェクトマネジメントのスキルを磨くためのオンラインコースを提案してくれました。私はこのコースを受講し、新たな視点とスキルを獲得しました。

また、転職計画科は私に求人情報の選定と応募のプロセスをガイドしてくれました。彼らは私のスキルセットにマッチした適切な職種を紹介し、履歴書やカバーレターの作成から面接の準備までを手厚くサポートしてくれました。

この全ての努力の結果、私は見事にITコンサルタントとして再スタートを切ることができました。今では、自衛隊時代の経験と新たに獲得したスキルを生かし、自分の能力を最大限に発揮しています。年収も前職の倍に増え、経済的にも安定した生活を送ることができています。

今思えば、転職計画科との再会がなければ、私はあの日、破産の淵から抜け出すことはできなかったでしょう。転職計画科の専門家たちの的確なアドバイスと、私自身の意識の変化がV字回復を可能にしました。私の経験が、転職を考えている現役自衛官の皆さんの一助となれば幸いです。
斎藤陽一 – 38歳

4.9
陸上自衛隊→不動産業界 年収190万円UP

まずは、私が自衛隊を辞めるという、勇気と覚悟を必要とする大きな一歩から始まりました。その時、私は新たな道を探し、自分のキャリアを自分の手で切り開こうと決意しました。

しかしながら、その後は思っていた以上に困難でした。企業にエントリーしたものの、なかなか返事が来ず、ついには絶望感に苛まれるほどでした。自衛官としてのプライドと尊厳は、見る影もなくなり、自己否定に陥っていました。

その絶望のどん底で出会ったのが、転職計画科でした。彼らは私にとっての救世主となり、自分自身を見つめ直すきっかけを提供してくれました。私は自己理解の旅に出ることで、自分が何を求め、自分のスキルが何であるのかをそこできちんと理解することができました。

そして、その結果として、自己理解が深まり、自己価値を高める選択をすることの重要性を学びました。転職計画科のおかげで、私は今、自分が本当に望んでいたキャリアを手に入れることができました。それが不動産業界です。自分の価値をしっかり知り、採用面接で効果的に伝えることで、信頼を勝ち取り、新たな仕事に就くことができたのです。

この経験は、私にとっての一大転機でした。そして、それは今、皆さんに伝えたい一つのメッセージでもあります。それは、転職を成功させるためには、まず自分自身を理解し、自己価値を認識することが重要であるということです。
長谷川敦 – 26歳

4.7
海上自衛隊→営業職 年収290万円UP

私の新たな人生の舞台は、自衛隊とは異なる、ある大手民間企業でした。新しい環境、新しい文化、新しい人々、全てが新鮮で刺激的でした。しかし、その一方で、自衛隊と民間企業の文化は根本的に異なるため、私は初めは戸惑いを感じました。そこで、転職計画科が提案してくれた「トランジションコンサルティング」のセッションに参加することにしました。

このコンサルティングは、異なる文化背景の人々と効果的にコミュニケートし、協働するためのスキルを身につけることを目指していました。このプロセスは、自分自身の視点を広げ、他者との関係性を理解し、改善するための貴重な手段となりました。

コンサルティングを通じて、私は自衛隊と民間企業の間で大きく異なる働き方やコミュニケーションスタイルを理解し、双方の良い面を取り入れることができました。これにより、自衛隊での経験を活かしつつ、新しい環境に順応し、さらにはリーダーシップを発揮することもできました。

今では、私はチームの一員として、またリーダーとして、自信を持って業務に取り組むことができます。新しい環境での成功は、私の人生を大きく変える一歩となりました。

転職計画科のトランジションコンサルティングは、私が新しい生活に適応し、さらには活躍するための重要なツールとなりました。そのおかげで、私は今、新たなフィールドで輝いています。

自衛隊では、緊急時の対応力、チームでの協働スキル、高度なリーダーシップ、そして優れた問題解決能力を培いました。これらのスキルは、民間企業でも非常に有用です。私は、これらのスキルを活かすことで、業務の効率化やチーム内の協力を向上させることができました。

一方、民間企業では、柔軟な思考や創造性、個々の意見を尊重する文化が求められます。これらは、自衛隊の伝統的な階級制度ではあまり重視されていない側面です。私は、新しい環境でこれらの価値を理解し、自分の働き方に取り入れることで、新しいアイデアの発想や、個々の能力を最大限に引き出すチーム環境を作ることができました。

トランジションコンサルティングの過程で、自衛隊と民間企業のそれぞれの良い面を理解し、自分の中に統合することができました。その結果、自衛隊時代の経験と新しい職場の文化をうまく融合させることができ、それが私の成功へとつながったのです。
松原健太 – 31歳
Copyright©いちばんやさしい自衛官の転職の教本,2024All Rights Reserved.