自衛隊 退職

【実体験あり】自衛隊から再就職した時のリアルな本音-辞めてよかった?

外の世界ってどうなんだろう。

もう、自衛隊をやめたいんだけど不安が残る…

そう言った方に向けた記事になります。

この記事の筆者

任期期間中に、自衛官/施設科から一般企業に就職した経験をもとに、この記事を書いています。

プロフィールはこちら

↓思ってた記事と違うそんな時↓

自衛隊の再就職のリアルな本音|辞めてよかった?

結論私の場合は辞めてよかったです。

私はとにかく仕事にやりがいを求めていたので、「山の準備」→「山に行く」→演習の物品を整備」→「余った時間で体力錬成」「たまに草刈り」の繰り返しであまり自衛隊の職務にやりがいを感じていなかったです。

その一方、私の再就職先(一般企業)では毎月様々なタスクが設けられ、柔軟な対応が必要で試行錯誤しながら仕事をしていま

同じような仕事がいい!」という方もいれば、「いろんなことがやりたい!」という方がいると思いますのでよく検討しましょう。

自衛隊の再就職の本音|不安だったこと

  • 次の会社(一般企業)でも仕事を継続できるか
  • 自分にあっている仕事なのか。
  • 金銭的な心配

この3つが特に心配でした。

自衛隊を辞めて再就職する場合「就職先を決めてから自衛隊を退職する」か、「自衛隊を辞めてから就活するのか」2パターンあります。

一般的なのは前者で、私も就職先を決めてから自衛隊を退職したので、次の就職先をまだ決めてない!などの不安はなかったです。

自衛隊は公務員ですので、やらかさなければ「いきなりクビ!」なんてことはありませんが、一般企業ではクビという選択肢もあります。

自衛隊の再就職の本音|自衛隊を辞めてよかったこと

  • 一人暮らしでプライベートな時間が確保できる
  • やりがいがある仕事ができる

自衛隊を退職して再就職する流れ

最も一般的な方法は、一般の転職エージェントを利用して、転職活動を行い内定を獲得するが決まりましたら、その時に退職流れです。

  • STEP1
    ステップ1
    班長に転職活動を行っている旨を伝える
  • STEP2
    ステップ2
    一般の転職エージェントを利用して、転職活動を行う
  • STEP3
    ステップ3
    転職活動を行い内定を獲得する
  • STEP4
    ステップ4
    内定が決まったことを班長に報告し入社日を伝える
  • STEP5
    ステップ5
    退職準備を行い退職する

順番に解説します。

班長のみ転職活動を行っている旨を伝える

中隊長もしくは、区隊長に班長を通して転職活動をするという退職する旨を伝えましょう。

切れている人

根性がない!

自衛官として情けない。

などと、罵声を浴びせられるかもしれませんが、人には向き不向きが必ずありますので気にしなくても全く問題ありません。

何も行動しずに現状の不満に対して愚痴っている人よりも、100倍ましだと思います。

班長に相談する際は、決して殺気立てず冷静になって現状の気持ちを伝えましょう。

この時に、ネガティブな退職理由ではなく、なるべくボジティブな退職理由に変換すると退職を受け入れてくれる可能性が高まります。

いくつか例を紹介します。

例1:上司や同僚の人間関係がつらいから退職したい場合

※この場合、別の退職理由にした方が望ましいです。

将来起業を考えていて、今の職場でもたくさんのことを学ぶことができますが、より専門的な知識を取得するために転職を決意しました。

本音よりも「建前」が重要な場合もございます。

例2:後期教育で退職したい場合の退職理由

衛生科に配属を決意して自衛隊に入隊したのですが、何事も経験が大事だと普通科の配属を承諾したが、やはり医療関係の仕事にあきらめがつかず、自分のスキルをいち早く向上させたいので転職を決意しました。

車両の整備ができると伺い、自衛隊に入隊したのですが、職種の問題で仕方ないことだと分かっているのですが、どうしても車両整備の仕事に携わりたいという想いを諦めることがができないので、転職を決意しました。

職種を理由に退職することを伝えることも良いかもしれません。

組織上、職種変換はそう簡単にできません。(かなり枠が少なく10年待ってもできないケースも多い)

上司に、職種変換の希望を伝えてやるから、待っておけ!

といわても、「それであれば、一般企業に転職した方が早いです」

と伝えましょう。

その他の例:個人的な事情を盛り込んだ退職理由例文

  • 結婚が決まり、相手の転勤に伴って転居することにしました
  • 親の介護に専念しないといけない状況になりました
  • 家業を継ぐことを決意しました
  • 健康状態が悪化してしまい、静養することにしました

他の転職理由はこちらで解説しています。

※在職中の転職活動は同期や先輩に知られないようにする

班長や区隊長などあなたの直属の上司のみ、退職するということを伝えましょう。

転職活動が仮に長引いてしまったり、気持ちが変わったりした際に、

「退職するらしいよ」という噂だけが一人歩きしてしまうと、職場が混乱してしまいかねません。

「こんなに訓練で忙しいのに、転職活動をする時間がよくあるな」という周囲からあなたへのイメージダウンににもつながってしまいます。

自衛官

営内生活なので、部屋の人にどうしても知られてしまう場合。

周りに言わないでほしいと伝えましょう。

今すぐ転職活動は「ちょっと不安」でもいずれは辞めたい

いや、転職するのはやっぱりハードルが高い。

今より厳しい仕事になったらどうしよう。

貯金も少ないし心配。

という方も多いと思います。

ですので、ストレスで限界になる前に、自分の気になる業種や、給料の高い会社や実家の近くの就職先のリサーチをすることをおすすめします。

無料で全国5.3万件の求人が見れる転職サイト

求人のリサーチであれば、CMでおなじみのリクナビNEXTがおすすめです。

自分の強み分析
誰でも聞いたことがあるあのリクナビNEXT
・グッドポイント診断で自分の強みを無料で分析可能!
・業界最王手で求人数も様々な業種で多数あり!

また「リクナビNEXT」のスカウトサービスでは、ユーザーの登録情報をもとに、企業がユーザーに選考や面接のオファーを送ってくれるんです。

正直、スカウト制度のある転職サイトもオススメです。
自衛官は体力、精神力があるというイメージがある企業もたくさんあります。

もし転職先に求める条件を満たした求人のオファーがくれば、求人を探す時間が短縮できます。

公開求人数約53,000件非公開求人非公開
対応エリア全国対象年代20代30代40代50代以上
得意業種全業種実績あり公式サイトhttps://next.rikunabi.com/

無料&勧誘電話等なし/

※リクナビの公式サイトに遷移します。

いざ転職活動を始めたい!ポイントは?

転職エージェントをうまく活用するのがおすすめ!

転職エージェントを選ぶポイントとしてこの2つ!

  • 求人数が多いサイトを選ぶ
  • サポートがより充実しているサイトを選ぶ

教育隊や、任期期間中に転職したいという方は、皆さんおなじみのリクルートエージェントがオススメです。

1番の強みは、圧倒的なサポート体制です。

リクルートエージェントを活用すると、就活における様々な手厚いサポートが受けらますので積極的に使っていきましょう。

リクルートエージェントの強み!
  • ヒヤリングを元にあなたにあった求人を提案してくれる
  • 転職のプロにキャリア相談が無料でできる
  • 面接対策ができ、選考通過率がアップする
  • 企業とのやり取りを代行してくれる
  • あなたのことを企業の採用担当者にアピールしてくれる
  • 内定決定後もサポートしてくれる
  • 履歴書、職務経歴書の添削を受けられる

他の転職エージェントはサポートがメールと多少の電話のやり取りだけでのみが多いのですが、

リクルートエージェントではオンラインでのサポート体制も導入されているので、東京、名古屋、大阪、福岡が近くない方でもサポート対象内です!

もちろん、全て無料!

自衛官にオススメは「リクルートエージェント

私もこのリクルートエージェントを利用して自衛隊から転職したのですが

初めての転職でどうすればいいのか右も左もわからない私でも、履歴書の文章の添削」面接練習」など一つ一つ丁寧にサポートしてくれました。

転職支援実績数No.1|リクルートエージェント
✅厚生省の調査で転職支援実績数No.1
✅強みを発見キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自 身まだ気づかれていない強味を発見してくれる
✅非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
✅企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。
公開求人数約9万8,000件非公開求人10万件以上
対応エリア全国対象年代20代~50代
得意業種全業種実績あり公式サイトhttps://www.r-agent.com/

\\転職成功まですべて無料!//

※リクルートエージェント公式サイトに遷移します。

自衛隊の再就職支援は使えるなら使う!

再就職支援制度を100%頼り、一般の転職エージェントを使わないというものはお勧めしません。

私は、再就職支援制度と一般の転職サイトを併用していたのですが、最終的に一般の転職エージェントを使いました。

確かに自衛官に対して理解のある会社が多く、多少優遇されているように感じました。

しかし、求人数で比較すると一般の転職サイトの方が圧倒的に多く、たくさんの求人からより良いものを選択できます!

内定が決まったことを班長に報告し入社日を伝える

内定が決まったら、中隊長、教育隊であれば区隊長に班長を通して報告しましょう。

入社日をこちらで決めることができるなら、余裕を持って、2〜3ヶ月後にしておきましょう。

理由は、有給、代休をしっかり使い切るためです。

せっかく、ためた有給、代休を使い切らずに退職は損した気持ちになってしまうと思います。

退職準備や、物品の返納に思うよりも時間がかかります。

自衛隊内のクリーニングを使用すると思うのですが、利用者が多いと2週間以上かかる時もあります。

\\転職成功まですべて無料!//

※リクルートエージェント公式サイトに遷移します。

退職日を決める|退職準備を行い退職する

有給の消化も出来るだけ調整しましょう。

どうしても今すぐに辞めたい場合は?

教育期間中の
自衛官

もう精神的に限界なので、自衛隊を辞めてから就活しようと思ってるので退職させてください。

曹長

いや、もう少しがんばってみよ。

教育期間中の
自衛官

いや、本当に限界なんですけど。

曹長

あぁ。教育の準備で忙しいからそれが終わってからにして!

自衛隊あるあるですよね。

上司に相談しても、ごまかされたり永遠に先延ばしされるようでしたら、

退職代行サービスがオススメです!

退職代行サービスとは、言葉の通り退職の手続きを代行してくれるもので、退職の交渉及び退職の手続きを代行で行ってくれます。

通常自衛隊の退職の手続きは1ヶ月以上かかるのですが、弁護士の方が代理で行ってくれるので最短2日で退職することも可能です。

退職代行サービスはたくさんあるのですが、自衛隊法の関係で、弁護士が対応する退職代行を選ばないと辞めれないケースが多々あります。

現在(2021年9月時点)運営している全ての弁護士が対応する退職代行サービスにお問い合わせしたところ、自衛官の退職代行の実績が多数ある「退職代行jobs」さんがおすすめです。

退職代行jobs」をおすすめする理由
  • 電話相談無料
  • 今までの退職代行の成功確率は100%(9月21日時点)
  • 自衛官は後払いOK(退職できなかったら払わなくてOK)
  • 心理カウンセリングが受けられる
  • 24時間365日即日対応
  • 転職成功で最大3万円のお祝い金がもらえる
  • 最短2日で退職できる

\最短2日で自衛隊を退職/

退職代行jobsの公式サイトに移動します。

退職代行サービスを利用して自衛隊を最短でやめる方法は▼こちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

▼今すぐ転職するのハードルが高い。でもいつか辞めたい

ストレスで動けなくなる前にきになる求人を»リクナビNEXTで気になる業種の求人をリサーチ

▼そろそろ本格的に転職活動を始めていきたい

初めての転職活動でもサポートが手厚いので安心!»リクルートエージェントで転職活動を始める

▼今すぐ辞めたい

辞めたいけどすぐに流されたり、退職を受け入れてくれない»退職代行jobsを活用して最短で退職する

\3ステップで次の人生へ!/

  • STEP1
    【自衛隊を辞めたいと1億回思ったら】
    中途退職して転職を成功するまでの流れを解説

    >>>ステップ1の記事を読む

  • STEP2
    具体的にやりたいことがない人も大丈夫!自分の適材を分析する方法
    元自衛官の求人が多い転職サイトを紹介!自衛官候補生や定年退職の方も必見です!

    >>>ステップ2の記事を読む

  • STEP3
    自衛隊を穏便に退職する方法
    穏便に辞めるためのコツを紹介。就職が決まっていても退職できないケースが多発しています。

    >>>ステップ3の記事を読む