↓すぐに読みたい記事がわかる!

辞めたい逃げたい自衛隊診断

記事検索

あなたにぴったりな記事がすぐにわかる

診断結果

診断結果

  • 退職の旨を相談しても受け入れてくれない。
  • 無視される。
  • もしくは何ヶ月も流される。
  • もう、今すぐにでも退職したい!

そういった方は退職代行サービスを利用することで、自衛官を最短2日程で退職することが可能です。(事例あり)

退職代行サービスとはその名の通り退職を代行できるサービスで、「退職の交渉」「退職手続きの代行」「退職金の請求」など全て丸投げできるサービスです。

通常 退職となると3ヶ月ほどかかることですが、自衛隊の退職に詳しい弁護士に依頼することができ、2日で退職できます。

【自衛官の退職実績多数】自衛官の退職に詳しい→退職代行(弁護士法人)みやび

以下の記事で、実際に自衛官が退職できた代行会社も詳しく解説していますのでご覧ください。

もう一度診断する

診断結果

診断結果

教育期間中に退職できるのか?→答えはYESです。

しかし、退職したいと伝えるも流されたり、部隊配属したら辞めやすくなると先延ばしにされることも多々あります。

退職理由の上手な伝え方や、必ず退職できる方法も紹介していますので以下の記事を参考にしてください。

また、退職代行サービスを利用して退職することも可能ですので、とにかく最短で辞めたいという方はこちらの記事を参考にしてください。

もう一度診断する

診断結果

診断結果

自衛官候補生として入隊したが、「任期の途中で辞めたい」という方は多いのではないでしょうか?

「理不尽な上司」、「営内生活の苦痛すぎるストレス」「労働基準法が適応されない長時間労働」辞めたい気持ちはマジでわかります。

自衛官候補生の任期期間中でも就職先を探して転職する方法を具体的にまとめています。

「もうすぐ任期期間が終了で転職を考えている人」も参考になります!

今直ぐに退職したい方はこちらの記事が参考になります。

もう一度診断する

診断結果

診断結果

一般曹候補生として入隊したが、「定年まで自衛官はやっぱり嫌だな」という方は多いのではないでしょうか?

「理不尽な上司」、「営内生活の苦痛すぎるストレス」「労働基準法が適応されない長時間労働」辞めたい気持ちはマジでわかります。

一般曹候補生で入隊し、就職先を探して中途退職する方法を具体的にまとめています。

今すぐに退職したい方はこちらの記事が参考になります。

もう一度診断する